全身脱毛の産毛処理はどのようにするのが最適か

by:

美容脱毛銀座・吉祥寺

全身脱毛をするときには、産毛の処理もしなくてはならないケースが出てきます。太い毛ならレーザー脱毛をすれば簡単なのですが、肌よりも薄い色をした白っぽい産毛も多いものです。そういったものには、基本的にはレーザー脱毛器具は使えないのです。なぜなら、レーザーの光は濃い色に集まるために、毛根に的確に光線を照射することができなくなるからです。

このような産毛の処理には、ニードル脱毛という手法が効果的であるとされています。これは一つ一つの毛根を直接、ニードルと呼ばれる極細の器具で潰していく手法になります。ときには電気を使って毛根を破壊したりもしますが、こういった地道な作業を行わないと全身脱毛は完結しないということなのです。全身脱毛をするときにはすべての部分を同じ治療法でやるということはあまりなく、部分によっては方法を変えるのが一般的です。

人によっては毛の太さも色の濃さも違いますし、どういった部分にどの方法を取り入れるのかは相談の上決めていくことになります。ただし最近の手法はどれもしっかりした効果が見込め、さらに肌にも負担がかからないようになっているので問題は少ないです。少し色の濃いタイプの毛には光脱毛なども可能ですが、普通の太い毛の脱毛よりも時間がかかってしまうことは覚悟しておくべきです。産毛は毛周期が長いために、効果的な治療ができるまでしばらく待つ必要があり、それを何度も繰り返して行く必要があるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です