ホルモンと全身脱毛の関連性について

by:

永久脱毛美容銀座・吉祥寺

人間が体毛を生やす際に関連性を持っているのがホルモンであり、このホルモンの影響によって毛周期のサイクルに従って体毛が生えてくると言われています。そのため思春期などのホルモンバランスが乱れる時期は体毛が濃くなったり薄くなったりするとされており、逆にバランスが落ち着いてくると体毛のサイクルも安定してくるようです。このように毛が生えてくることに関連していることからよく言われているのが、全身脱毛をはじめとして脱毛をしてしまうとホルモンバランスが崩れるのではないかと言う点です。これは実際全身脱毛を始める前に不安を感じている人も少なくないようで、カウンセリング以外にもインターネットで質問をする人もいるようです。

ただ、ホルモンはあくまで毛を生やすことに関連しているものとなっているため、基本的に全身脱毛などの脱毛をしたところでバランスを崩すということはありません。脱毛自体が毛周期を考慮して施行を行っているため身体に影響を及ぼすということはないためであり、これらの関連性は全くないということになります。なので、思春期であっても安心して利用することはできますがバランスが安定していない時期は毛周期のサイクルも早くなっているため、脱毛を利用する場合は20代から30代のバランスが安定している時期がオススメされているようです。特にデリケートゾーンなどはサイクルが安定していないと濃くなりやすいため、時期を考慮するという意味では重要な関連性があると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です