光脱毛後の激しい運動がNGなわけ

by:

美容脱毛銀座・吉祥寺

光を当てるだけでムダ毛を処理できる光脱毛。とても簡単でリーズナブルなことから、若い女性でも気軽に利用する人が増えています。黒い色に反応する光の性質を利用して、毛根だけを熱で破壊する光脱毛ですが、実は施術後にやってはいけない禁止事項がいくつかあるのです。その一つが激しい運動です。

光脱毛は黒い色の毛根だけを処理する脱毛法ですが、その過程で肌内部がいわば軽いやけど状態になります。そのため肌がデリケートな生理中の施術を控えたり、乾燥肌や敏感肌の施術ができないこともあるほどです。ここで激しい運動について考えてみると、運動後には血流がよくなって体が温まります。普段ならこれはいいことですが、肌内部が軽いやけど状態で体が温まると内部のやけどが表面化して、肌が赤くなったりかゆくなったりする可能性が高まるのです。

そのため光脱毛で肌内部が軽いやけど状態になっている施術後24時間ほどは、激しい運動をはじめとした身体を温める行為はやめた方がいいのです。普段から身体を動かすことが好きな方はそれができないのは苦痛かもしれませんが、月に1日や2日のことですからそれくらいは我慢することです。大丈夫といった勝手な自己判断で運動をして肌トラブルになって医者にかかるようでは逆効果ですし、その症状が次の施術日までに治らなかったら次回の予約の予定が狂ってしまいます。安全に効率のよい脱毛をするには禁止事項はしっかりと守ることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です