鉄板焼きは日比谷の街の雰囲気にぴったりです

鉄板焼きは家庭でもお店でも大人気です。その秘密は、熱いままの料理が食べられる点にあります。熱さが保たれていることで、味覚もしっかりと満喫することができます。本当に、料理というものは、温度によってその味が変わってくる性質を持っています。

ですから、温かい料理は、冷めないままで食べるのが最もおいしく味わえます。鉄板焼きの場合は、ゆっくりと時間をかけて食べていくスタイルですので、常に熱いものを味わうことができますので、それが大きな魅力になっています。どんな食材であっても、それを鉄板で焼けば、すなわち鉄板焼きとみなされるのが普通です。ステーキや焼肉、ジンギスカン、海鮮焼きなどが広く知られています。

飲食店でも鉄板焼きの専門のお店が多く、日比谷にも人気店が何かと話題となっています。そもそも、日比谷という地名の由来は、昔、江戸湾の日比谷潟という入江であったところから来ています。江戸時代までは江戸湾に面した場所にありました。それだけに、江戸湾の新鮮な魚介類を入手しやすい環境にあることは万人が認めるところです。

また、海外でも”Teppanyaki”は大変な好評を博しています。料理人がカウンター越しに食材を調理してサービスを提供していくという手法は、実は海外では非常に目新しいものだけに、話題性もあったわけです。日本国内では、寿司店などで普通に見られるスタイルですが、海外ではそれが珍しくて、集客につながりました。客にすれば、料理人の職人技を目の前で見ることができるというので訪日する外国人の注目を集め、日比谷の鉄板焼き店にも多くの外国人旅行者が押し寄せています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です