オードブルの現在と日本

オードブルとは、フランス語で、本来、コース料理の最初である、スープよりも前に出されるメニューを指していました。しかし、現代の日本に於いては、丸形容器の皿に、盛り合わされた料理のことを言うようになりました。イタリア料理、中華料理のほか、アメリカ、ロシア、イギリスなど、さまざまな国で、言い方は違いますが、同様の形式で料理が提供されています。日本で言うオードブルは、さまざまな料理業者が力を入れて、サービスを提供しています。

例えば、仕出し屋、弁当屋、コンビニ、ケータリングサービス、スーパー、各種料理店やレストランなど、挙げればきりがありません。それだけ、需要があるということの裏返しでもあります。顧客の利用方法を見てみると、会社やサークル、あるいは各種団体の打ち上げやパーティ、自宅での親しい集まりなど、さまざまに利用されています。また、オードブルは、お店に依頼するばかりでなく、自分で創意工夫をして作る方もおられます。

それらにレシピは、インターネットの料理サイトや、ブログ、料理本も出版されており、世間での注目度が高いことが伺えます。料理は、おいしく食するだけでなく、人と人の交流を促進させる力があります。オードブルは、決して高級食材を利用した高級料理ではなく、あくまでも一般的な素材を使いながら、おいしく、そして見た目も美しく盛り付けることで、食欲を掻き立てることに役立っています。日本文化に溶け込んだスタイルなのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です