美味しいもつ鍋を食べる

もつ鍋はホルモン鍋とも呼ばれ、牛や豚の小腸や大腸の内臓肉を主材料としていただく料理です。福岡県の郷土料理として始まり、今では全国各地に広まっています。今では様々なスープが開発されています。醤油ベースのものからコチュジャンを入れたピリ辛のものもありますし、豚骨スープでこってりと食べるレシピもあります。

具材として多いのはやはりニラでしょう。ニラの臭さを消すためにニンニクを一スープの材料として用いられることも多くあります。もつ鍋の肉はスーパーや肉屋では比較的高い値段で売られていますが、栄養価も高く精力がつきますので、買って損はない具材です。熱を通すと縮むため、大きめに切った歯ごたえのあるものを選ぶと良いかもしれません。

小さいものは虫歯に挟まるかというくらい煮込んだら小さくなってしまいます。肉屋で売られているものは比較的柔らかく、嚙み切りやすいと言えるでしょう。また、もつ鍋は脂がたくさん出ます。もし気になる方がいる場合は、先にもつを茹で、お湯を捨ててから鍋に投入すると良いでしょう。

しかしもつ鍋の一番の主役のもつの脂が味を大きく左右しますので、茹でこぼすのではなく脂を一緒に食べるほうがずっと美味しいでしょう。もつ鍋屋には創業してから何十年という、こだわりの味を守ってきた店があります。各店によって味が違いますので、いろいろな店で味を比べてみるのも楽しみの一つです。自分の好みの味に出会えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です