福岡の郷土料理もつ鍋

もつ鍋はまたの名前ホルモン鍋とも言い、1990年代のバブル景気後に一大ブームとなったことでも知られています。このブームの際は東京に始めてもつ鍋店がオープンしたことで一気に全国的にもつ鍋ブームが起こり、流行語大賞銅賞をも受賞しました。元々の始まりはというと、1950年代半ばに福岡でもつとニラをお醤油味のスープで煮込んで食べたことが起こりと言われ福岡の郷土料理として浸透していきました。なので、本場福岡では水炊きでも有名な福岡らしく水炊き風にして酢醤油でいただくお店も存在します。

もしご家庭で作るならば、用意するものは具はニラ・キャベツ・ホルモン・もやし、そしてオーソドックスな醤油スープは醤油とみりん、酒、鶏がらスープの素と和風出汁の素、水を入れて作ります。そして忘れてはならないのがニンニクと輪切りの唐辛子です。調理方法としてはホルモンはさっと熱湯でゆでて余分な脂と臭みを取り、スープの材料を全て合わせ火にかけます。そこにホルモンを入れて沸騰したら上にキャベツ、もやしを乗せ蓋をし、キャベツがしんなりしたら上にニラを乗せニラに火が通れば食べごろです。

お店によってはお豆腐やゴボウの笹垣を入れるお店もありますので食べているうちに味に変化を出したい場合は入れてみるのも良いでしょう。そして、大事なのはシメのちゃんぽん麺です。まだ東日本では手に入らない場合もありますが、その場合は中華麺でも代用できます。焼肉セットの通販のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です