お店のようなおいしいもつ鍋を作るコツ

もつ鍋はコラーゲンがおいしく摂取できるとあって女性にも人気のメニューです。一口にもつ鍋と言っても使うもつは様々です。お店でよく使われているのは牛のもつです。そしてそのほとんどが小腸を使っています。

専門的な用語を使えば「マルチョウ」です。よくスーパーで売られているもつ鍋用のものは豚のものです。白モツと言い、小腸や大腸の部分でありなじみが深いかもしれません。もしお店のような味を出したければ牛もつを使ってください。

肉屋であれば売っている可能性が高いですが、インターネットでも手に入ります。そして一番気になるのがやはり臭みをお店はどうやって消しているかです。何もせずにもつ鍋を作ると臭いままになってしまいます。下ごしらえとして、筒状に開き5cmほどにカットしたものを小麦粉でもむようにして洗います。

そして水洗いをしてきれいにしておきます。新鮮なもつであればこれで下ごしらえは済みます。あとは他の材料、調味料と一緒に煮込んでいくだけです。あまり新鮮ではないもつの場合、下茹でも必要になってきます。

しかし、下茹でをするとスーパーに売っているような全くプルプル感のないもつになってしまいます。できれば下茹でせずに済むもつを入手してください。そこまでしたくないということであれば、もつ鍋セットで簡単に作ることができます。鍋パーティーなどでは余計な手間いらずでお店の味が出せるとあって、セットを購入して作るのが一番楽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です