各地域で食べられているもつ鍋

もつ鍋とは、出汁の利いた醤油ベースの汁の中に、動物のもつなどの内臓肉を入れて煮込んだものです。元々は、福岡市の郷土料理として始まったのですが、今では全国的にもつ鍋は人気が高く、それぞれの地域独自の味付けが好まれているようです。味付けの種類としては、しょう油・味噌・塩などがあり、他の野菜も一緒に煮込んで食べられています。その独特のもつの味わいが癖になる料理で、内臓肉独特の臭みのようなものは無く、臭みがうまみに変わっており、大変柔らかく食べやすいものとなっています。

もつ自体は、鍋だけではなく焼肉や煮込み料理などにも使われますが、もつ鍋は若い世代の方から御年配の方まで親しみやすい料理として、人気が高くなっています。もつ鍋の最後の「しめ」として、ラーメンの麺を入れて食べるのですが、こちらも地域ごとに入れる麺に違いが出てきます。福岡などの地域になると、ちゃんぽん麺の麺を入れる事が多く、その他の地域ですと普通のラーメンの麺や、うどんの麺などとなります。どれも、出汁の味が染みてとても美味しく、しめには持って来いの一品となります。

もつ鍋に入れる野菜の材料としては、代表的なものでニラ・キャベツ・もやしとなります。もつ自体も比較的安価で販売されており、手軽に手に入れる事が出来る野菜を沢山使用するため、家庭の味としてこれからも定着していくのではないでしょうか。もちろん、紹介した野菜以外を一緒に入れても美味しいですので、是非試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です