もつ鍋の味を左右する肉の臭み抜き

ビタミンやミネラルといった栄養はもちろん、コラーゲンなど美容に良い成分が含まれる「もつ鍋」。おいしいだけでなく、健康メニューとしても人気を集めています。その濃厚な香りは食欲をそそりますが、気をつけたいのがもつ肉の臭み。下処理を失敗すると香りばかりか、味そのものを損ねてしまう可能性も考えられます。

特に来客などにもつ鍋をふるまう際は気を使いたいものです。もつ特有の臭いは豚肉だけでなく、牛肉にも存在します。あらかじめボイルされた肉を使えば、臭みが抜けている事も多いでしょう。しかしもつ鍋のおいしさを最大限に引き出すためには、旨みの逃げていない生肉がおすすめ。

生肉の下処理としては何種類かありますが、基本はまずよく水洗いする事。そこから先は「塩もみする」「牛乳につけこむ」「小麦粉でもむ」などの方法で、臭み抜きを行います。ひと手間かける事によって生肉の利点を保ったまま、臭みの弱点をカバーできます。下処理において特に難しいという点はないものの、生のもつ肉を家庭で洗ったり塩もみするという作業に、抵抗を感じる人もいるでしょう。

さらに野菜を切ったりニンニクをむく手順が、面倒と思う時も。そんな日は家庭で作るのにこだわらず、外食やお取り寄せに頼るのも良いかもしれません。調理の手間から解放されますし、プロの味付けからヒントが得られるポジティブな面もあります。その時々に合わせて、おいしいもつ鍋を楽しむのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です